Google(グーグル)の人工知能ロボットと逆SEO(リバースSEO)

Google(グーグル)のロボットを動かしている人工知能(AI)は、世界の実用化されているAIの中で最も頭脳が優れていると言われます。 このため、Google検索に対応した逆SEO(リバースSEO)を行う場合は、稚拙な子供だましのような手法は通用しません。 大人の対策を行う必要があります。 Googleの優れたロボットに高く評価されるような「高品質のコンテンツ」を多数制作し、 逆SEOの対策用に作る様々な新規サイトの存在価値を認めてもらわなければなりません。

評価を得るサイト

極めて優れたGoogleのロボットを欺くのは困難です。 欺くのでなく、優れたサイトをつくり、正当に評価を得るというアプローチが欠かせません。 Googleのロボットに「このサイトはすごい!」と思わせるのです。価値の高いサイトであれば、Googleは競争の激しい有力キーワード(ビッグワード)であっても、順位を大きく上げてくれます。

個人名や会社名以外でも存在感

Googleのアルゴリズムには、コンテンツの価値によって検索順位が決まるという大原則があります。 この原則は、「名前検索」や「社名検索」でも同様です。 つまり、名前や会社名の検索順位を大きく変動させる逆SEOを行う場合でも、 コンテンツの質が勝負を決めるということです。 通常のSEOと同様に、ネット上において存在意義を発揮できるサイトを用意しなければなりません。

コンテンツ創造型SEO

(株)WEB広報は、コンテンツ創造型のSEOを得意としています。Googleから高く評価されるコンテンツとサイト設計により、 名前検索や社名検索で次々と上位にサイトを送り込むための技術を備えています。 価値の高いサイトを多数作ることで、結果的にネガティブサイトの順位を押し下げていきます。

シリコンバレー

逆SEOを成功させるうえでは、Googleの最新のアルゴリズムの動向をおさえておくことも不可欠です。 当社はシリコンバレーで活動する現地企業群とのネットワークを生かして、Googleの定期及び臨時のシステム・アップデートを反映させた逆SEOサービスを提供しています。

世界一活躍しているロボット

世界で最も活躍しているロボット、それはGoogle(グーグル)の検索エンジンです。GoogleのAIほど人間の生活の利便性を向上させている人工知能はないでしょう。

サイトの質を見極める

Googleのロボットは膨大な数のWEBサイトを日々訪問し、記憶し、評価し、順位(ランキング)を付けて並べています。 これらの能力の中で何よりも凄いのが、サイトの質を見極める力です。 人間になりかわって、人間の視点でサイトを読み、それぞれのWEBページが人間にとってどれだけ役に立つサイトであるかを判断しているのです。

人間では無理

以前は、そのような複雑な判断は人間しかできないと思われていました。しかし、GoogleのAIは、人間よりもスピーディーに価値を判断ができるようになりました。しかも、精度の高さは日増しに磨かれています。 その知的活動量は膨大であり、同じ仕事を人手を使ってやろうとしても、絶対に無理です。

Googleのランキング

キーワードごとに評価

Googleによるランク付けは、キーワードごとに設定されます。つまり、一つのWEBページについて「A」というキーワードでは80点、「B」というキーワードでは50点といった形です。

会社名・個人名にパワーが伝播

とはいえ、一定のカテゴリーのワード群で極めて高い評価を得ていると、別のワードでも評価を得やすくなります。たとえば「化粧品」の分野のいくつかの重要なキーワードで上位表示されているようなサイトは、会社名や個人名でも優秀なサイトと見なされ、同様に上位にランク入りしやすくなるのです。一般用語での検索パワーが会社名や氏名に伝播するということです。

人間の立場で評価

グーグルのロボットが持つ能力は、文章の読解力と評価力だけではありません。様々な特技を備えています。SEOや逆SEOを行う際には、そうした能力をふまえて高レベルな対策を実施する必要があります。

見やすさを判定

Google(人工知能)のロボットは、読解力が優れているだけでなく、視覚的にサイトを読みとる能力を備えています。「人間にとって見やすいサイトは何か?」ということを深く理解しており、瞬時でサイトの「見やすさ」を判定できます。 とはいえ、Googleが重視するのは画像ではなく、文字です。htmlで生成された「文字コンテンツ」が、視覚的にどれだけ見やすいかを判断します。 例えば、テーブル(tableタグ)を使って情報を簡潔に整理しているサイトは、グーグルから高い評価を得やすいです。

アート性でなく機能性

また、グーグルが重視する視覚性は「芸術的な美しさ」とは全く関係ありません。あくまで情報を得るための手段としての見やすさです。大事なのは、機能性です。 閲覧する人の理解力や利便性の向上を助けるような見やすいサイトを作る必要があります。 芸術作品のような美しさがあっても、必要な情報をすぐに入手できないようなサイトは、低い評価が下されます。

行動学

また、Googleのプログラムには、人間の行動学の理論がインプットされています。このため、人間にとって認識しやすい文章の並べ方(レイアウト)や画像の見せ方とはどういうものかを心得ています。 このため、だらだらと長い文章よりも、表(テーブル)を活用するなどしてスッキリと整理されたコンテンツのほうが高く評価されます。

文章の的確な長さ

Googleのロボットは、文章の的確な長さも判定できます。だから、長い文章だからといって、高く評価するわけではありません。短い文章に重要な内容がコンパクトにまとめられていたほうが、Googleに好まれます。

冗長な文章はNG

あくまでGoogleのロボットは「人間の立場」になってどのページが有益かを判定しています。冗長な文章で同じようなことを繰り返したり、遠回しな表現や前置きばかり長くてなかなか結論に到達できないような文章は読者にとって不便です。だから、Googleも同じように低評価を与えます。

逆SEOのコツ

逆SEO(リバースSEO)で一番大事な作業は、Googleのロボットに認められるような価値のあるサイトやWEBページを多く作ることです。しかも1個ではなく多数つくります。 通常のSEOではサイトが1個あればいいのですが、逆SEOでは10個以上必要になります。 サイト作成にあたっては、Googleのロボットが何よりもコンテンツを重視していることに対応し、高価値のコンテンツを用意することが極めて重要になります。 高価値のコンテンツとはネット利用者のニーズにしっかりと応えられるコンテンツです。

需給バランス

検索回数やクリック数から「検索ニーズ」を把握

Googleのロボットは、検索ユーザーがどのような情報をどれだけ欲しているのかを把握しています。私たちがスマホやパソコンで検索をするたびに、Googleはそれらを「行動記録」として自らの頭脳に組み入れます。(検索ユーザーを個人情報を記録するというわけではなく、検索が行われたという事実を把握する)。そして、これらの行動記録を集積してに基づき、トータルの検索回数、クリック数、同時に検索されるワードなどを算出します。

ロボットはこれらの情報をもとに、検索ユーザーの需要をつかみます。その需要に的確にこたえているサイトの順位を優先的に上げていきます。

需要と供給のミスマッチを狙う
キーワードプランナー

逆SEO対策を行うにあたっては、需要と供給のミスマッチに注目することが大切です。 Googleの「キーワードプランナー」などのツールを使えば、各キーワードの検索回数が分かります。検索ボリュームが多いということは、それだけ情報に対する需要があるということです。

サイトが少なければチャンス

検索ボリュームの多い言葉で検索してみて、そのワードの需要にこたえられるようなサイトが少なければ、SEOで成功する大きなチャンスです。 需要があるのにサイトが少なければ、需要にマッチしたサイトをつくることで、Googleから高い評価を得ることができます。 この作業は、逆SEOでも活用できます。

検索ユーザーの利便性を高める

SEOや逆SEOで効果を生むためには、検索ユーザーの利便性が高まるようなサイトにすることが大事です。役に立つサイトをつくれば、社名検索や個人名の検索においても高い検索順位を獲得することができます。 「このサイトは大勢の人の役に立つ」とGoogleに判断してもらうことが大切です。

優等生サイト
スパムとは逆の行為

Googleからペナルティを課されるということは、Googleのロボットから「落第生」という烙印を押されたことを意味します。 逆SEOの本来の姿は、Googleから「優等生」と見られるようなサイトをつくることです。 つまり正当な逆SEOと、ペナルティ対象となる検索スパム行為は、対極をなすものだといえます。

逆SEOの問い合わせ